セイコー5のおすすめモデルを厳選!機械式腕時計入門に最適のSEIKO5

セイコー5について

セイコー5(SEIKO5、セイコーファイブ)は、1960年代に発売され、セイコーの名を一躍世界に広めた、自動巻き(オートマチック)機械式腕時計の人気シリーズです。

その後、クォーツ化やデジタル化の波に押され、国内では生産中止になりましたが、中国や東南アジアなどの海外では生産が続けられています。
現在、国内では逆輸入モデルがインターネットで販売されており、知る人ぞ知る存在になっているものの、

海外ではそのコストパフォーマンスとSEIKOブランドの知名度の高さで、信頼性・品質などが支持されており、途上国を中心に未だ根強い人気を誇っています。

機械式腕時計が高級腕時計として復活を遂げるなかで、セイコー5は一本あたり5,000円程度から購入できるため、世界中の時計マニアが気軽にカスタムして楽しんでいるようです(私・管理人もその一人です ^^)。

セイコー5は性能がシンプルで価格もリーズナブルなので、機械式腕時計の入門機としても最適!

機械式腕時計は、使い出すと愛着がわきます。セイコー5は、レトロなスタンダードモデルからカジュアルな時計までバリエーションも豊富ですから、少しずつコレクション(収集)をしていくのも楽しいですよ(^^)v

逆輸入モデルとは?
逆輸入モデルというのは、主に国産パーツを使用しながらも、海外工場で組み立てられたものを指します。
セイコー5の場合は、時計のエンジン部分であるムーブメント(動力機構)は日本で製造されたものを使用し、海外で組み立てられて製品化されています。ですから、低価格とはいえSEIKOならではのクォリティ(高い精度)が保たれているのです。
海外製と日本製の違い?
セイコー5製品の型番の“末尾”に付くアルファベット、例えば「SNKL15K1」「SNKL15J1」。
「K」が海外製、「J」は日本製(MADE IN JAPAN)ということで分けられています。
「J」が付く製品の曜日表示は英語/アラビア語、
「K」が付く製品の曜日表示は英語/スペイン語であることから、
(セイコーの国産パーツを使って)
J」は日本で製造された、中東向けの製品
K」は海外で製造された、中東以外の海外向け製品
だといわれています。

が、...中東向けの製品は、作っている会社の“国籍”が表記される、という説もあって、
「J」型番のモデルが果たして日本で作られているのかどうか?は、疑問が残ります。

セイコー5    

セイコー5についてセイコー5の特徴機械式腕時計について

価格ウォッチ
三大ショッピングサイト(楽天AmazonYahoo!ショッピング
での価格を比較、最安値を探せます。
Return Top